JBLの強みCustomer Logistics

JBLの強み

JBLのWEBサイトにアクセス頂き有難うございます。

JBLは長年日本アイ・ビー・エム様の物流子会社として国内・国際物流管理、包装試験・設計に従事して参りました。その際に培ったスキルと経験を活かしながら、 現在は安田倉庫グループの一員として、グループのネットワークを背景に、より質の高いサービスのご提供をモットーに活動しております。お客様の求める価値を追求し、ご満足頂ける物流・包装ソリューションをご提案、遂行することをお約束いたします。

JBL「物流ソリューション」の強み

精密機器物流のエキスパートとして

JBLは、特に精密機器類の物流業務を得意としております。国内・国際物流をお客様社内の物流部門に代わり、管理・実行する経験豊富な物流の専門集団です。お客様のJBL専任担当者が、常に各物流の工程を見直し、改善を実施しながら物流活動の高生産性化と高品質化を実現いたします。

また、JBL倉庫内には十分な電源設備(100V/200V)を有したセキュリティエリアを設けており、精密機器の流通過程における各種作業(セットアップ、検査、組立て、分解、充電、稼働確認等々)に柔軟に対応できることもJBLの強みです。

お客様が本業に専念出来ますよう物流全体または部分的においても万全の体制でお客様をサポートいたします。

  1. JBLのサービスは“完全専任制”です。専任スタッフがスピーディ、柔軟、丁寧に対応いたします。
  2. お客様の課題解決に向けて、経験豊富な物流知識を有する専門スタッフが全力でサポートいたします。
  3. JBLのセキュリティエリアで、お客様の流通過程における各種作業に柔軟に対応いたします。

主なお客様(50音順・敬称略)

物流ソリューションLogistics Service & Solution

JBL「包装ソリューション」の強み

包装のエキスパート集団です。

JBLは、包装資材の開発・設計、試作、評価試験において、幅広い専門知識と豊富な経験を兼ね備えたエキスパート集団です。社内には各種大型試験設備をバランスよく保有し、ASTM、ISTA、ISO、JIS等の公的規格や、輸送中のハザードを網羅的に与えるシーケンシャル試験等にも対応しており、国内最大級のISTA認定試験所として知られております。社内にはISTAより認定されたISTA CPLPテクノロジスト、テクニシャンが多数在籍し、ISTAとのアライアンスで、最新の試験情報を収集しお客様の包装開発や設計、評価試験に役立てています。

また医療機器包装における包装バリデーションにおいては、年間300件以上の実績があり、ISO11607-1(滅菌医療機器包装の規格)に従い、輸送試験から無菌バリアシステムの完全性試験、安定性試験までワンストップで対応出来る国内唯一のラボとして、FDA取得を目指す多くの企業からご愛顧頂いております。

これまで培ってきた豊富な知識と経験により、お客様が本来業務に集中できるよう万全の体制でサポートさせて頂きます。

  1. 120坪の広い室内に多種多様な試験設備を配置。快適な輸送試験を実現
  2. 国内最大級の傾斜衝撃試験機、大型振動試験機を配置。大型の重量貨物試験も安全かつ迅速に対応
  3. 滅菌医療機器包装の包装性能試験、無菌バリアの完全性試験、安定性試験もワンストップで対応

国際規格ISO17025

●品質方針
日本ビジネスロジスティクス株式会社は、お客様及び社会のニーズを的確に捉え、客観的で信頼性の高い認証・試験等のサービスを提供する。
この目的を達成するため、次の方針を掲げ、実行する。

●行動指針
 1.公正・公平かつ誠実に業務を行い、信頼されるサービスを提供する。
 2.試験業務要員は、高い水準のサービスを提供するため、試験及び認証の品質確保、迅速な対応を絶えず目標にして、必要な技術の習熟と向上に努める。
 3.試験業務にあっては、JIS Q 17025(ISO/IEC 17025)に適合するマネジメントシステムを確立・推進・維持し、その有効性を継続的に改善する
 4.「機密保持」を確実に行う。
 5.「苦情及び異議申し立てへの適切な対応」を行う。
 
すべての社員は、品質方針を理解するとともに、的確に業務を遂行する。

●公平性に対するコミットメント
日本ビジネスロジスティクス株式会社は、試験、校正及び認証業務における公平性の重要性を理解し、利害抵触を管理し、業務の客観性を確実にすることを宣言いたします。

この目的を達成するために、継続的に業務に関わるあらゆる利害関係を特定し、調査し、公平性に対し脅威となるリスクを排除又は最小化する処置を実施いたします。

●品質目標
業務範囲のすべてについて、品質、納期、コストを適切に考慮し、規格および顧客の要求事項に適合したサービスを顧客に提供し、重大な不適合なサービスや、顧客及び関連機関からの重大な苦情が発生しない状態が維持できる事を目標とする。

                                            2021年 4月1日 
                                     日本ビジネスロジスティクス株式会社
                                    包装ソリューション事業部長 石井勇太
                            
                                

包装ソリューションPackaging Service & Solution